2019.3.26

スペシャル

スーパーバイザー 保志 総一朗氏と、原案 木村明広氏からのご挨拶

スーパーバイザー
保志 総一朗

この度、【RenCa:A/N(レンカ アルバニグル)】のスーパーバイザーに就任しました、保志総一朗です。
「スーパーバイザー」という立場で、ゲーム原作から企画、BGM、キャラクターの設定やデザイン、タイトルロゴなどゲーム作りの細かな部分までプロデュースして携わっています。
普段は声優として活動をしているため、出演声優のキャスティングなどにも進んで関わらせてもらいました。
知っている人もいるかと思いますが、僕は昔からゲームが大好きで、高校時代はゲームを作る側の人間になりたいと思うほどでした。
それが今回、以前から交流のあった木村明広さんが作った原案に僕の好きなものを合わせてビーグリーさんに原作を作ってもらい、そしてオルトプラスさんに僕のやりたいことを沢山詰め込んだゲームを作っていただきました。
このような形であの頃の夢を叶えることが出来て、本当に嬉しいです。ありがとうございます。
ただ、作っただけでは、このゲームアプリの完成とは言えません。プレイしてくれるみんながいて初めてゲームアプリになります。
是非これから僕と一緒に、この【RenCa:A/N(レンカ アルバニグル)】を作っていきましょう。ヨロシクお願いいたします!

原案
木村明広

初めましての方、そしてお久しぶりの方もおられると思います。
元ゲーム畑小作人の木村明広と申します。
今回【RenCa:A/N(レンカ アルバニグル)】の原案を担当させて頂きました。
ちなみに自分がゲーム開発に関わっていたのは20年以上前の事。
久しぶりにゲームの開発に関わることになりましたが、その環境と仕様の変貌ぶりにおぢさんドギマギ。
その変化を一言で言えば…【スタイリッシュ】?
昔の「3K」そのままだったゲーム開発環境は、今やアーバンなオフィスに様変わり。
最初に思った事は「寝れないじゃん」でしたw
働き方改革なんて言葉も皆無だったあの時代は、平成と共に忘れられていくのでしょうね。
そんなスタイリッシュな環境で産声を上げたこの【RenCa:A/N(レンカ アルバニグル)】。
RenCa:A/Nという世界をゼロから生み出し構築していく作業はかなりの紆余曲折を繰り返し、今ようやくここまでたどり着きました。
もう既に盟友とも言える声優【保志総一朗】をスーパーバイザーに据え、彼の想いを練りこんだこの作品。
ここからさらに昇華させていくために、皆様の力をお借り致したく存じます。
ゲームアプリ【RenCa:A/N(レンカ アルバニグル)】をどうぞよろしくお願いします。